toggle
セクシャリティ・フリーを目指して開発を続けている研究所です。
2017-11-27

オスビッチからAZOTHへ



みなさまこんにちは。
所長の遥 美沙樹です。

 

このたびはAZOTHまでお越しくださいまして、
ありがとうございました。

 

しかしながら、敷居の高さにびっくりされたかもしれませんね(笑)。

 

そうなんです。
ここは、スペシャリストを育成するための機関と、
人体の可能性を追求する機関なのです。

 

これまで18年、
長い年月をかけてきた割に、きちんとしたデータを収集することなく今に至ります。
しかしそれでは、単なる風俗の技術で終わってしまうのです。

 

きちんとした形で、
きちんとした人材を育てて、
後世へ残していきたいー
そんな想いから、思い切ってこのような形式をとりました。

 

したがって、ご自身の中身を抉られるようなことを歓迎しない方は、
これ以上の関わりをお勧めしておりません(笑)。

 

いや、ほんとに。

 

私と、私を慕って長く付いてきてくれた研究員達も、
ずいぶん歳をとりました。
後何年できるだろうかー

 

みな、同じことが脳裏を過ぎります。

 

いつか突然消えてしまうようなことがないよう、
ここがホームとなるよう、これから尽力していく次第です。

 

どうぞ今後ともよろしくおつきあいのほど、
お願い申し上げます。

 

遥 美沙樹 拝

関連記事