toggle
セクシャリティ・フリーを目指して開発を続けている研究所です。
2018-09-29

9月のUTSレポート


お久しぶりのUTSとなりました。
今回はインナースリット開発の再確認と、
そこからさらに展開した開発方法「第二段階」と、
個人差という言葉がなくなる「第三段階」を教えました。

そもそもインナースリット開発は、
どんな問題をお持ちの男性でもアナルで気持ちよくエクスタシーを迎えられるようにと編み出された開発方法でしたが、
それを遥かに凌ぐ開発方法が誕生しました。

これによって受け側の男性も、
いま。自分の体内でなにが起こっているのか非常に解りやすくなります。

どういうことかというと、
明らかに、感覚がメスイキとは違うのです。

その他、気圧の変化や体調によって変わる自分自身の感覚も、
この日は雨上がりだったので体感いただけたようです。

 

とにかく覚えたことはすぐに実践したい研究員たち。
腕が鳴るとばかりに身悶えておりますので、
ぜひぜひご体感なさってくださいね!!

 

今回参加されたモデルさんたちから、
たくさんお土産もいただき、ありがとうございました。

 

関連記事